インクジェットプリンターのKGK紀州技研工業 
『より詳しい文字コードの話』

JISコード

漢字を表示するためには8ビットの256とおりでは足りません。そこで日本語を表示するためには 2バイトを用いた文字コードが必要になります。現在使われている日本語の文字コードの基本になるのは JIS X208で定められた、いわゆる「JISコード」です。

このコードは94の「区」にそれぞれ94の「点」を設けた「区点」に文字を配置します。 つまり94×94=8,836個のマトリクスに漢字などを割り当てているわけです。

句点による文字種の区分
文字数 文字種 第一バイト
JIS シフトJIS EUC
1-2 147 各種記号 0x21~0x22 0x81 0xA1~0xA2
3 62 数字、ローマ字 0x23 0x82 0xA3
4 83 ひらがな 0x24 0x82 0xA4
5 86 カタカナ 0x25 0x83 0xA5
6 48 ギリシャ文字 0x26 0x83 0xA6
7 66 キリル文字 0x27 0x84 0xA7
8 32 罫線素片 0x28 0x84 0xA8
9-15 0 未定義 0x29~0x2F 0x85~0x88 0xA9~0xAF
16-47 2965 第一水準 0x30~0x4F 0x88~0x98 0xB0~0xCF
48-84 3390 第二水準 0x50~0x74 0x98~0x9F
0xE0~0xEA
0xD0~0xF4
85-94 0 未定義 0x75~0x7E 0xEB~0xEF 0xF5~0xFE

区点に割り当てられた文字をコードで表現するためJISコードでは区(第一バイト)に 21~7E、点(第二バイト)にも21~7Eのコードを与えます。

このコードは前ページで紹介したASCIIの文字コードの範囲とちょうど重なりますので、 そのままではASCII(JIS X201)の1バイト文字と共存できません。

そこで、以下のようなエスケープシーケンスを使って2バイト文字(JIS X208)と1バイト文字(JIS X201) を切り換えます。

エスケープシーケンス コード 意味
[esc](B 0x1B2842 以降はASCII
[esc](J 0x1B284J 以降はJIS X201
[esc]$B 0x1B2442 以降はJIS X208

コンピュータでは普通あまり使われていないコードですが、全部が7ビットで表現できる範囲に おさまるため、インターネットでメールを日本語で送るのには現在も使われています。

インターネットでは7ビットしか転送しないサーバーが存在するため、8ビットを必要とする シフトJISやEUCコードではなく、7ビットで済むJISコードを使います。