インクジェットプリンターのKGK紀州技研工業 
『より詳しい文字コードの話』

中国語のコード

このページ以降、中国語関連のページでは、 中国語のフォントが使用可能な環境が必要です。

簡体字と繁体字

中国語で使われる文字は大陸中国やシンガポールで使われている 「簡体字(Simplified Chinese)」と 台湾や香港で使われている「繁体字(Traditional Chinese)」があります。
伝統的な中国の漢字は「繁体字」ですが、中華人民共和国成立後、識字率の向上を めざして大幅に字体を簡略にした簡体字が制定されました。
現在日本で使われている漢字も日本で簡略化したものですので、全体として 「繁体字」→「日本の漢字」→「簡体字」という順に簡単な字になります。
日本の漢字はJISでコードが決められていますが、繁体字のコードは台湾で制定された Big-5、簡体字のコードは中国で制定されたGB2312というコードが主に使われています。
これらは相互に互換性がなく、全く別のコード体系です。(現在ではユニコードを経由 することで、完全ではありませんが変換できます。)

パソコンで中国語を表示

日本語パソコンで中国語を表示するには、中国語のフォントが必要です。最新のパソコンでは 多言語対応になっていますので、簡単に導入できます。
実際にインターネット上で中国語(簡体字)を表示するには、GB2312コード(EUC-CN)で 記述します。日本語と混在させたいときはユニコードを使ってutf-8エンコードでページを作成します。
次からの中国語関連のページはいずれもutf-8エンコードです。utf-8に対応したブラウザと 簡体字のフォントが必要です。(最新のパソコンでは問題なく読めるはずです。)

弊社が中国で販売しているインクジェットプリンターではGB2312コードを採用し、 簡体字フォントも完備して、中国語を完全に表示できるようになっています。