インクを自社で開発・製造・販売しているのは 紀州技研工業だけ

独自性をもったインクの開発を行うインク開発部を設けています

産業用インクジェットプリンターの印字対象物は段ボールから金属、プラスチック、セラミック、そして食品など多岐に渡り、それぞれ要求される品質や性能も様々です。

紀州技研工業では市場の多様なニーズにお応えするために、インク原料も自社で開発でき、独自性をもったインクの開発を行うインク開発部を設けています。

開発部の技術者が開発した「発泡スチロール用のインクジェットインク」に関して、「平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 技術部門」を受賞しました。

紀州技研工業なら実現できる!お客様のご要望に私たちがお応えします!

様々な業界から、多様なニーズにお応え致します。
食品、飲料、医薬品から電子機器、自動車、建材など業界を問わず 様々なワークへの印字に最適なインクの選定・独自開発を行います。
特殊な機能を持ったインクの開発。
食品や錠剤に直接印字できる安全性の高いインク、紫外線の照射で硬化・定着するインク、電子回路や配線を形成する金属ナノ粒子で 作られたインクなど、ユニークな機能を持ったインクの開発を行います。
少量でも対応します。
少量でも、お客様の求めるインクを開発致します。
ご要望に合わせたインクを開発いたします。

インクの開発に関するご相談は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

インク開発事例

▲強定着インク(接着性が悪いワークにもしっかり定着)
▲備長炭インク(食べても安心!可食インク)
▲卵へも直接印字が可能な可食インク
▲厳しい制約を受ける薬にも印字できるインク
▲目に見えない透明インク(ブラックライト照射で色が浮き上がる)
▲レトルト用インク(高温でも印字が消えない)
▲金属ナノ粒子インク(電子回路や配線形成に)